オンラインカジノと税金

よくパチンコならバレることがないと言われます。これは現金で受け取っていることで、証拠が残らないのでわからないからです。調べようにも、パチンコ店はそうした情報を持っていなかったり、すでに廃棄していることも多いのです。オンラインカジノの場合は、証拠は調べれば残りますし、出金方法によっては確実にわかってしまいます。

オンラインカジノの出金はデータが残って大変

出金データが残ってしまう

日本の銀行口座などを経由して、オンラインカジノのお金はユーザーに返ってきます。しかしこの段階でデータが残ってしまい、収入源を把握されてしまうのです。大量に持っていることがわかっているのに、申告をしないで隠している場合は、そのことを通知されます。場合によっては立ち入りなどが入ったり、強制的に差し押さえもあり得ることですから、証拠が残ってしまうオンラインカジノの場合は税金を払ったほうがいいです。
もし支払わない選択をするなら、それはバレないように残しておくか、手元にないことを証明しないと駄目です。エコペイズに残されているお金は、日本の銀行口座などを経由してデータがわからないので、この場合はまだ支払の対象にはなりません。しかしエコペイズから銀行口座にお金を出してしまった場合、それは支払の対象になってしまいます。
また小切手などを利用した場合、小切手の発送履歴などがわかってしまいます。これはすぐに判断できることですから、基本的にオンラインカジノのお金を持っていると判断され、すぐに支払いを行うように通告されます。

バレない方法は残されているのか

ばれない方法はある?

オンラインカジノのお金を、バレないように出してしまえば一応わかりませんが、分からないとしても一時的です。すぐに判断されて支払いを要求されたり、悪質な脱税だった場合は逮捕されることもあります。差し押さえだけでも結構大変なことですから、行われないようにしっかりと考えておくことです。
一応バレないこともありますが、キャッシュカードでATMから出している場合には証拠が残りづらいと言われます。当然対応しているカードが必要で、しかもエコペイズなどを利用しないと駄目です。日本の口座に入った時点で、それは証拠として扱われます。
バレない方法は非常に少ないこと、そして何らかの方法によってわかってしまうことを理解してください。気づかれないまま過ぎることはそんなに多くありませんから、大人しく支払いを考えて準備を進めておきましょう。